ARTISTS

ヴィレ・アンデション

  • Biography
  • Works
  • Artist News

1986年 フィンランド ロヴィサ生まれ。ヘルシンキ在住
2012年 フィンランド芸術アカデミー卒業

アンデションは、様々なメディアを使い、多様なスタイルとテーマを持つ多才なアーティストです。彼のシリーズは、写真、ドローイング、3Dコンピューターデザイン、絵画、インスタレーション、テキストなどで構成されています。

主な展覧会
2020 ドローイング展 / LOKO GALLERY、東京
2018  I CAN’T GO ON. I WILL GO ON. / LOKO GALLERY、東京
2018 マックス・エルンスト美術館(ブリュール)
2018 北欧美術館(シアトル)
2017 ヴェゼルブルク近代美術館(ブレーメン)
2017 アンセン・アムステルダム(アムステルダム)
2016 The Centre for Photography,(ストックホルム)
2016 FOMU – Fotomuseum provincie Antwerpen(アントウェルペン)
2014 EMMA – エスポー近代美術館
2014 ヴィトラリア・グラス+A美術館(ヴェネツィア)
2012 国立新美術館(東京)

主な受賞歴
フィンランドのヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤー2015に選ばれ、特典としてタンペレ美術館とトゥルクのアボア・ヴェトゥス&アルス・ノヴァでの2回の個展と作品集を刊行。さらに、グレンクヴィシュカ・シュティフェルセン賞、アニータ・スネルマン財団助成金、スティンカ・クルックス財団賞も受賞しています。2020年には、ウォーターミルセンターのインガ・マレン・オットー・フェローシップを受賞しました。

主な参加プロジェクト
フィンランドの郵便局の切手シリーズ
アラビア社のテーブルウェア
演劇の舞台装置と衣装のデザイン
アカデミック・ブックストア(北欧最大級の書店)とのコラボレーション
高齢者向け住宅のビジュアル・アイデンティティ
タンペレ市路面電車、すべての停留所屋根のグラフィックパターン制作、2020
ケラヴァ市の公衆衛生センターとのコラボレーション、2020

コレクション
以下を含む20近くのパブリックコレクションに収蔵されています。
キアスマ現代美術館
サースタモイネン財団アートコレクション
アモス・アンダーソン美術館
ジェニー&アンティ・ウィフリ財団コレクション

アーティストWEBサイト
www.villeandersson.com

7月21日より「ドローイング展 」オンラインでの作品販売をスタート