Triadic Surfaces
安部悠介・影山萌子・渡辺佑基

2018年8月3日(金) ‒ 8月25日(土)

[オープニングレセプション]
8月3日(金)18:00 ‒

[火 ‒ 土] 11:00 ‒ 19:00
[日・月] 休廊

安部悠介・影山萌子・渡辺佑基によるグループ展「Triadic Surfaces」を開催いたします。20~30代の若手ペインターである三者ですが、作品にはそれぞれの目指す世界と独自の造形の萌芽が既にはっきりと現れています。

安部悠介の絵画に頻繁に登場するのは、架空のモンスターや巨大な迷路、幼少期に親しんだ昆虫や魚釣りといった一見チャイルディッシュなモティーフたちです。彼が好むテレビゲームやカードゲーム、自然豊かな山形で過ごした少年時代の記憶、あるいはサブカルチャー的な領域への視線、といった具体的要素もそこには少なからず含まれているでしょう。しかしそれらの融合によって安部が真に追求しているのは、絵画の中にのみ根付きうる、名状しがたい未知の世界とでもいうべきものです。近年の作品では描かれる像の抽象性が高まり、通常の絵画制作では扱われないような素材を含めた多彩なマテリアルが掛け合わせられることで、複数の異次元世界の断面が積層したかのような異様な画面が形成されています。ストイックかつ実験的な制作によって生み出される強力な作品群からは、既存の絵画やアートに対する問題提起も窺えるでしょう。

影山萌子の作品にみられる正統的な油彩技法や、一見してそれとわかるイマジネイティヴな絵画世界は、幻想や超現実といった言葉で捉えられてきた近現代美術の系譜を連想させることが多いかもしれません。しかし影山の制作の発端にあるのは多くの場合、自らが実際に接した身近な事物です。 たとえば彼女が抱く重要なテーマの1つには、現代の都市開発とそれによって掘り返され急造されていく街や建物の歪さが挙げられます。彼女はそのテーマを、設置された場所に馴染んでいない奇妙なモニュメントや、謎の生命体のようなモティーフに仮託して描いてきました。近作ではそれらの存在感を保ちつつ、空間や状況の設定を操作することで、一見歪な主題たちにポジティヴな意味を与えていくといった試みも行っています。彼女の実感によって結ばれてきた現代社会の暗喩としての風変わりな像たちは、絵画世界の中で自律性を強め、より複層的な文脈を持ち始めているようです。

渡辺佑基が制作において常に意識しているのは、物質の表面が持つ質感です。彼の作品の多くは、日用品や玩具、人体の一部などのさまざまな物質の質感を丹念に描写するとともに、時にはその物質の形状に切り抜いたシェイプド・キャンバスを用いるといったフォーマリズム的構成を施すことによ って成立しています。そこには単なる写実性のみならず、何らかの質感を構成し絵画化することによって発生する新しい視覚への挑戦があります。渡辺は「物質の表面を構成していくことによって生まれる、平面でも空間でもない空白地点のようなところに新しい何かが広がっている気がする」とも語りますが、計画的な制作と工芸的ともいえる精緻で滑らかな仕上がりの裏で誘起される、異空間に接続されるようなパースペクティヴは彼の作品の大きな魅力といえるでしょう。

全く毛色の異なる三者ですが、一見ポップで親しみやすい表層の背後に形容し難い批評性や形而上的な気配を漂わせている点では共通しているか もしれません。本展が3人の清新なポテンシャルとモチヴェーションに触れていただける機会となれば幸いです。