exercise-grandscape EXHIBITION

エクササイズ & Grandscape 石原康佑・福濱美志保

2017年5月19日(金) ‒ 6月17日(土)

[オープニングレセプション] 5月19日(金)19:00 ‒
[火 ‒ 土] 11:00 ‒ 19:00
[日・月] 休廊
[入場] 無料

 

石原康佑と福濱美志保、2人の若手ペインターによる展覧会を開催いたします。

自身にとっての決定的なモティーフを求め、試行錯誤を重ねてきた石原は、衣装を纏った人物が躍動する大画面の作品に手応えをつかみ、近年繰り返し制作してきました。今回の彼のメイン作品である《エクササイズ》シリーズは、その最新版です。大きく変形した人体のフォルムや、絵肌の質感・色彩に宿る感覚は、彼が紆余曲折を経て辿り着いたオリジナリティへの入口にも見えます。歪められた肉体の形態や動き、なぜか常に鉛筆で薄く描かれる顔面、そしてアクリル絵具を何十層も塗り重ねることによって生み出されるマティエールといった、絵画の諸要素に対するフェティッシュな嗜好性。それらの融合によって生成される作品は私たちの想像力を絶妙な角度から刺激し、ユーモラスでありながら安易な解釈を許しません。

一方の福濱は、自身で組んだミニチュア構造物を大画面の油画に引き延ばす《Grandscape》シリーズを軸に制作を続けている画家です。福濱が描く風景は、一見すると日常と乖離した別世界のようでありつつ、どこか郷愁を誘う懐かしさにも満ちています。複層的な油彩技法によって表現された繊細かつ多彩な光のグラデーションは、幻想的でいて確かな実在感を伴った世界の姿を照らし出します。あるいはミニチュアを構成する身近なパーツが本来と懸け離れたスケールに拡大され画面へ落とし込まれていることもまた、特殊な既視感や違和感を呼び起こすでしょう。“どこかで見たことのあるような、でも知らない景色が目の前に立ち上がる”こと、そして絵画の中にしか存在しえない世界を生み出すことを追求していきたいと、福濱は語っています。

石原と福濱の絵画表現は、親しみやすさとともに、ひとところに留まらず、鑑賞者の多様な捉え方を誘う謎と余白を備えている点で共通しているかもしれません。自らの世界の入口に立った2人の、清新な表現をお楽しみください。

28 4月 エクササイズ & Grandscape 石原康佑・福濱美志保

2017年5月19日(金) ‒ 6月17日(土)

[オープニングレセプション] 5月19日(金)19:00 ‒
[火 ‒ 土] 11:00 ‒ 19:00
[日・月] 休廊
[入場] 無料

 

石原康佑と福濱美志保、2人の若手ペインターによる展覧会を開催いたします。

自身にとっての決定的なモティーフを求め、試行錯誤を重ねてきた石原は、衣装を纏った人物が躍動する大画面の作品に手応えをつかみ、近年繰り返し制作してきました。今回の彼のメイン作品である《エクササイズ》シリーズは、その最新版です。大きく変形した人体のフォルムや、絵肌の質感・色彩に宿る感覚は、彼が紆余曲折を経て辿り着いたオリジナリティへの入口にも見えます。歪められた肉体の形態や動き、なぜか常に鉛筆で薄く描かれる顔面、そしてアクリル絵具を何十層も塗り重ねることによって生み出されるマティエールといった、絵画の諸要素に対するフェティッシュな嗜好性。それらの融合によって生成される作品は私たちの想像力を絶妙な角度から刺激し、ユーモラスでありながら安易な解釈を許しません。

一方の福濱は、自身で組んだミニチュア構造物を大画面の油画に引き延ばす《Grandscape》シリーズを軸に制作を続けている画家です。福濱が描く風景は、一見すると日常と乖離した別世界のようでありつつ、どこか郷愁を誘う懐かしさにも満ちています。複層的な油彩技法によって表現された繊細かつ多彩な光のグラデーションは、幻想的でいて確かな実在感を伴った世界の姿を照らし出します。あるいはミニチュアを構成する身近なパーツが本来と懸け離れたスケールに拡大され画面へ落とし込まれていることもまた、特殊な既視感や違和感を呼び起こすでしょう。“どこかで見たことのあるような、でも知らない景色が目の前に立ち上がる”こと、そして絵画の中にしか存在しえない世界を生み出すことを追求していきたいと、福濱は語っています。

石原と福濱の絵画表現は、親しみやすさとともに、ひとところに留まらず、鑑賞者の多様な捉え方を誘う謎と余白を備えている点で共通しているかもしれません。自らの世界の入口に立った2人の、清新な表現をお楽しみください。