清水玲
grassroots prophet

2018 年 1 月 16 日(火) – 2 月 15 日(木)

[火 – 土] 11:00 ‒ 19:00
[日・月・祝] 休廊

[アーティストトーク]
2月10日(土)19:00 –
ゲスト:小澤慶介

第 10 回 恵比寿映像祭 「インヴィジブル」
地域連携プログラム「Displace」vol.1

清水玲による個展「grassroots prophet」を開催いたします。

本展は第10回恵比寿映像祭「インヴィジブル」との地域連携プログラムとして、当ギャラリーが日本とイスラエルのアーティストによる2つの個展をキュレーションした企画「Displace」の1つめの展覧会でもあります。

清水は空間とその背景との関係性に着目し、主に文字を用いて制作を行ってきたアーティストです。2011年 以降は国内外でのフィールドワークをもとに、建築・映像・テキスト・音声などを用いたインスタレーションに取り組んでいます。

本展のタイトル「grassrootsprophet(草の根の、名もなき預言者)」は、逆因果、つまり過去が現在や未来に影響を及ぼすのではなく、未来が過去に影響しているとしたら、私たち一人ひとりの存在はどのように過去に影響しているのだろうか、ということを清水がふと思いついたことがきっかけになっています。

漢文学者・白川静は「漢字には文字が生まれる以前の悠遠なことばの時代の記憶がある」といったことを『漢字』のなかで論じています。漢字や文字はそのような呪術的要素を秘めている一方で、現代においては日常 に溶け込んだ道具、あるいは意識から遠のいた記号になっているともいえます。清水が制作の素材として文字を扱うのは、日常空間の背後に太古から潜むそうした「無意識」や「空気」を可視化できるのではないかと 考えているからです。

今回の個展では、台湾でのレジデンスをきっかけに知り合った、日本統治時代の台湾で生まれた“湾生”と呼 ばれる日本人へのインタビューを基に、「逆さ歌おばあちゃん」として知られる中田芳子さんとのセッションなども取り入れた映像作品を中心に、2層吹き抜けのギャラリー空間を利用したインスタレーションが展開されます。

 

 

清水玲 / Ryo Shimizu

1977 年香川県出身、神奈川県在住。空間とその背景との関係性に着目し、主に文字を用いた作品を制作している。2011年以降、国内外でのフィールドワークやインタビューをもとに、建築、映像、収集物、リサ ーチ資料、音声や文字を用いたインスタレーションに取り組んでいる。

http://ryoshimizu.jp/

12月 25日[清水玲]展覧会情報を公開

2018年1月16日(火)から開催する展覧会  清水玲  grassroot prophet の情報を公開いたしました。

エイヤル・セーガル
GROUND LEVEL

2018 年 2 月 17 日(土) – 3 月 17 日(土)

[火 – 土] 11:00 ‒ 19:00
[日・月] 休廊

[オープニングレセプション]
2月17日(土)18:00-

[アーティストトーク]
2月17日(土)19:00 –

協力:駐日イスラエル大使館

 

第 10 回 恵比寿映像祭 「インヴィジブル」
地域連携プログラム「Displace」vol.2

 

LOKO GALLERY
Artist in Residence Program
for Israeli Artist 2018

イスラエル人アーティスト エイヤル・セーガルの日本初個展を開催します。

本展は、ギャラリーとイスラエル大使館との協業によるレジデンスプログラムの成果展であり、また、第 10 回 恵比寿映像祭「インヴィジブル」との地域連携プログラムとしてギャラリーが日本とイスラエル、2人のアーティストによる 2 つの個展を連続開催する企画「Displace」の 2つめの展覧会でもあります。

セーガルの制作におけるキーワードは “場所”。彼の作品では、特定の場所にまつわる記憶や歴史、人の営みやその痕跡が叙事詩的に描かれます。そして、独立した複数の映像作品が構成、配置され、相互に影響を与え合うことにより、展示空間の “場所” そのものも作品の要素とするサイトスペシフィックなインスタレーションに昇華 されます。その空間のなかで彼の硬質な映像はまるで立体作品のように存在し、画面に登場する作家自身の肉体はブロンズ彫刻のように場を変容させます。

展覧会タイトルの「GROUND LEVEL」(=Ground State/ 基底状態 ) とは、量子力学において、原子や分子のとりうる最もエネルギーレベルが低い、つまり動きが少ない状態を指しますが、本展のために選ばれた作品群にはさまざまな動きが含まれています。それは、垂直や水平の移動、回転といった物理的な変位だけではなく、歴史の流れやイメージの循環、生と死の往来でもあります。セーガルは、LOKO GALLERY の立体的な空間に様々なベクトルのエネルギーを配置し、それらを絶妙にバランスさせることにより、「GROUND LEVEL」を作り出すことを試みます。

東京でのレジデンス期間中に完成される、展示パズルの最後のピースとなる作品は、生と死にまつわる、ユダヤと日本、2つの文化を象徴する2つの歴史上の物語をモチーフにしています。長い年月を経てもなお存在し続ける痕跡としての場所に焦点をあてることで、すでに失われた登場人物たち、そして歴史を超えて連なる私たち自身の姿を露わにします。

 

 

エイヤル・セーガル / Eyal Segal

ドイツとインド、2つのルーツを持つユダヤ人として 1982年イスラエル・アラドに生まれる。テルアビブの Shenkar College of Engineering and Design で学んだのち、5年間にわたり世界的ビデオアーティストであるシガリット・ランダウのスタジオディレクターをつとめた。2013 年 The Negev Museum of Art (ベエルシェバ , イスラエル )での初個展以降、世界各地で作品を発表している。セーガルの作品は、具体的な “場所” を出発点とし、記憶や歴史との関わりにおいて、自己理解を試みるものである。複数の別個の映像を組み合わせマルチチャンネルで提示することで、展示空間における位置的な関係性をも織り込み、新たな解釈の可能性を生み出す。

 

藤堂
バウ / バウ

2017年11月24日(金)‒ 12月23日(土・祝)

[オープニングレセプション]
11月24日(金)18:00 ‒

[火 ‒ 土] 11:00 ‒ 19:00
[日・月] 休廊

彫刻家・藤堂による個展「バウ / バウ」を開催いたします。

「関東大震災で倒壊した建物のレンガ」や「ベルリンの壁」といった特殊な来歴を持つ瓦礫や鉱物、古書などと積層ガラスを組み合わせた諸作で知られている藤堂ですが、日常的に描き継いでいる大量のドローイングや、木箱を “小さな空間” と捉え無数に組み上げたインスタレーションなど、その作品のヴァリエーションは多岐にわたります。 素材固有の質感・アイデンティティが直截に活かされながらも、職人的な手業による異化を経て研ぎ澄まされた作品は、国内外で注目を集めています。

多様な藤堂作品に通底する要素の一つが「素材」や「空間」に対する関心です。ここにも様々な側面があります。

たとえば彼の作品における積層ガラスは、鉱物が秘める時間性や、かつて建築物の一部だった瓦礫の歴史性のなかへ私たちが潜り込んでいくための触媒のようなものとして捉えられることが少なくありません。ガラスを積層させ磨き上げていく作業は、それぞれのマテリアルが有する物語を覗き込む、もしくは剥き出しにすることにも似ていると藤堂は語ります。

一方、藤堂が彫刻家として目論んでいることの一つに「彫刻の存在によって、周囲の空間の質を変える」ことがあります。そして物体の中にガラスを出現させることは、彼にとって “ものの中の空間を見せる” ことをも意味します。作品そのものの中に空間を存在させる、さらにその作品の素材はかつて別の空間を構成していた建築物の一部である、 といった重層的な作品構造は、素材や空間、また建築に関するさまざまな視点を象徴的に炙り出しているかのようです。

本展のタイトル「バウ / バウ」は、ドイツ語で「解体」や「撤去」を意味する “Abbau” 、「建造」や「構造」の意味を持つ “Aufbau” という2つの単語を示しています。今回の展覧会は、建築工事用の足場を用いて空間を再構成するインスタレーションを軸に展開。ギャラリー空間に対するダイナミックな建築的アプローチとともに、彼の創造の源でもある、「素材」や「空間」を取り巻く刺激的な世界に迫ります。

ヴォルデマース・ヨハンソンズ
Uncertainty Drive / 不安定装置

2017 年 10 月 25 日(水)- 11 月 18 日(土)

[火 – 土]  11:00 ‒ 19:00
[日・月・祝] 休廊

[オープニングレセプション]
10月25日(水)18:00-

[アーティストトーク]
10月27日(金)19:00 –
会場:駐日ラトビア共和国大使館
150-0047 東京都渋谷区神山町37-11
03-3467-6888
http://www.mfa.gov.lv/jp/

協力/助成:駐日ラトビア共和国大使館

ヴォルデマース・ヨハンソンズ(Voldemārs Johansons)は、ラトビア,リガをベースに活動する作曲家であり、現代美術作家です。
音や光、映像などの様々なメディアを用いた、まるで実験装置のようなインスタレーション作品は、科学的なリサーチに基づき精密に設計され、人間の知覚と環境との関わりについての考察が込められています。
たとえば、リガ大聖堂で発表された“Op.39 (standingwaves)”は、聖堂の中庭にパイプオルガンを模した鋼管が彫刻のように立ち並ぶ中、空気の流れによって生み出される様々な低音が、周辺の温度や風、鑑賞者の立ち位置などの影響を取り込みながら変容します。
また、2015年の“Thirst”は、北海の岩場から超高画質撮影した波濤の映像をパノラマスクリーンとサウンドシステム、スモークマシンを使って上映する作品で、鑑賞者は打ち寄せる波と嵐の轟音、圧倒的な自然の姿をまるでその場にいるかのように体感することができます。

日本では初の発表となる本展でヨハンソンズが選んだテーマは「不安定性」です。
散逸構造論で知られる物理学者イリヤ・プリゴジンは「不安定さと創造性は私たちの世界に内在している」という言葉を残しました。
それは、自然界の法則の、“予測不可能であるがランダムではない”という性質が、アートやデザインの実践、そして人間の創造性や想像力に大きな影響を与えるということを示唆しています。
本展で発表される新作のサウンドインスタレーション「Uncertainty Drive(不安定装置)」には、微量の放射性物質を含んだサンプルが使用されています。
放射性物質は、その不安定な原子核が崩壊を起こす瞬間に放射線を放出します。放射性崩壊の確率上の頻度は物質により決まっていますがそれがいつ起こるのかは予想できません。本作では、予測できないタイミングで放出される放射線をガイガー=ミュラー菅が感知し、そのデータをもとに「楽器」がその場で音を作り出します。放射線による展示空間の目に見えない環境の変化はアートワークを通じて可聴化されます。

放射線は人間の五感では感知することができません。しかしそれは様々なかたちで自然環境にあまねく存在し、エネルギーや医療、バイオテクノロジー等の分野で人間の営為にも深く関わっています。また、核兵器や原子力発電の存在については現在も多くの議論がなされており、未だ解決の道筋さえ見えない大きな課題として我々の前に横たわっています。

ヨハンソンズの作品は、知覚できないものを捉えるための想像力を喚起するとともに、環境と人間を繋ぐインターフェイスのように機能します。
そして、私たちの置かれた情況が、物理的にも、社会的にも多様な不確定要素によって複雑に成り立っているということを再認識させるのです。

 

 

ヴォルデマース・ヨハンソンズ / Voldemārs Johansons

1980 年ラトビア , リガ生まれ。 オランダ , デン・ハーグの Royal Conservatoire, Instutute of Sonology にて電子音楽を学ぶ。卒業後は音響や視覚、空間 領域の接続について研究を深め、芸術と科学技術の融合を目指した数々のプロジェクトを手がける。現代美術作家として 世界各地で作品を発表する傍ら、作曲家や研究者としても活 動する。 ヨハンソンズの作品はこれまで、ヴェネツィア建築ビエンナーレ、アルスエレクトロニカセンター、BOZAR(ベルギー)、 ルールトリエンナーレ(ドイツ)、STEIM(オランダ)、 LISTE ART FAIR(スイス)、ラトビア国立オペラ、コーチビエンナーレ ( インド ) などで発表されている。

ユーソ・ノロンコスキー 個展
This Place is Nowhere

2017年9月8日(金)–  10月7日(土)
[オープニングレセプション]
9月8日(金)18:00 ‒
[アーティストトーク]
9月8日(金)19:00 ‒
[火 ‒ 土] 11:00 ‒ 19:00
[日・月・祝] 休廊

協力:
Gallery Taik Persons
助成:
フィンランドセンター
FRAME contemporary art finland
Arts Promotion Center Finland

This place is Nowhere はフィンランドのアーティスト ユーソ・ノロンコスキー (Juuso Noronkoski) による現在進行中のプロジェクトの一部であり、写真、ビデオ、オブジェクト、テキストベースの作品で構成されています。ノロンコスキーは、 このプロジェクトを通じて、写真イメージと現実世界における知覚との違いについて、また、イメージやオブジェクト、テキストといった、時間的、物理的に異なる表現方法が共通の空間でいかに作用するかについて考察しています。
作家自身によって撮影された、あるいは選び取られた写真は、さまざまなかたちで物理的に、そして概念的に手を加えられます。意思を伴ったイメージへの介入は、被写体が持つ意味を解体し再構築すると同時に、平面と立体、現実と想像、観ることと観られることを隔てる境界を曖昧にします。
インスタレーションを構成するテキスト、詩的な短編小説は彼の創造における思考のプロセスを伝えますが、同時に提示される視覚イメージが示す意味が文字情報によって補完されるのか、あるいはどのように変化するのかは、観るものに委ねられています。それはまるで、イメージと言葉にかかわる人間の “共感” についての実験のようでもあります。
ノロンコスキーの作品が扱うモチーフは一見すると非常に具体的です。しかしそれらは特定の文化や地域を超えた普遍性を兼ね備えています。我々がそれぞれに持つ現象や事物に対する概念をイメージの形にし、さらに重層的に介入することで、写真が 別の場所へ通じる窓としてだけではなく、鑑賞者自身、そして “観る” という行為そのものを映す鏡にもなり得ることを示しているのです。
本展は、作家にとって日本での初の発表となります。現実と虚像の境界とはどこにあるのか。そしてそこにはどのようなイメージが存在するのか。ノロンコスキーは、イメージが絶えず変化し、知覚が移り変わる “どこでもない場所” をギャラリーに現出させ、我々に問いかけます。

森夕香
明ける / Dawning

2017年7月28日(金) – 8月26日(土)

[オープニングレセプション]
7月28日(金)19:00 ‒

[火 ‒ 土]11:00 ‒ 19:00
[日・月・祝]休廊

こんなに明るい場所に来たことはなかった気がする
淡く重たい光の中に身体は遊ぶ
そして能動的に隠れはじめる
バラバラのそれらは 各々に隠れ場所を見つけ 息を潜めて呼吸を始める

*

画家・森夕香による初の個展「明ける / Dawning」を開催いたします。

「身体」、そしてそれを取り巻くさまざまな事物との「境界線」をテーマとして制作を続けている森ですが、本展では“朝”を主題にすえた作品群を発表いたします。

森が描くのは、時間や存在の輪郭・境目が曖昧になる「あわい(間)」の時としての朝です。早朝、闇が明けていく美しい瞬間に、彼女は自分の身体が風景、ある いは世界の中に溶け込んでいくような感覚をおぼえるといいます。そこに存在するのは単なる爽やかな心地良さだけではありません。人間の中に潜む、清濁を 超えたあらゆる感情や記憶が溶出し、“朝”と一体になり浄化されていくような気配。それによって肉体への意識や、自己と世界の境界線が消失するような感覚を、 森は自らの理想として描いています。

また今回の作品群では素材や描法に関しても新しい選択が重ねられています。日本画を出自とする森ですが、新作群では日本画的な工芸性を一旦排除し、画 家の痕跡をストレートに感じさせる即興的な筆触や、塗り重ねられた絵肌を残すことを試みました。これらの表現は以前の彼女の作品には見られなかったもの です。また日本画材と油画材の併用は森が以前から試みてきたことですが、新しい作品では下地 / 定着材 / 顔料の各層で異質な材を用いるなど、その混淆の 性質がより複雑かつ有機的なものに進化しています。

独自の絵画世界を軽やかに往き来する彼女の、最新の表現をお楽しみいただければ幸いです。

*

今回の作品は全て“朝”をテーマにしています。
朝の光、朝の湿度、朝の気温、朝の匂い、朝の風、朝の音。
私の中にある絶対的な”朝”に包まれた身体の感覚への憧れや想起を、絵画の中に留めて生かしたいと思いました。

森夕香

3021_loko_bldg

New Artist in Residence Program for Israeli Artist

TOKYO – JAPAN

We are pleased to announce that the following artist will carry out his project within the Artist in Residence Program for Israeli Artist in 2018

 

Eyal Segal

http://www.eyalsegal.com/

 

His exhibition will be held from 17th Feb. to 17th Mar. 2018 as a part of the partnership program of

The Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2018

https://www.yebizo.com/jp/

 

Details to be announced.

 

 

The Program
For the first time the newly opened contemporary commercial gallery will cooperate with the Israeli Embassy in Tokyo and invite a single Israeli video artist for a unique residency program to be held in one of the most interesting neighborhoods of Tokyo.

The aim is to enable a new creation of a video instillation by an Israeli artist in the heart of this dazzling city and introduce a new voice to interact with the local art scene.

We wish to host an interesting, thought-provoking artist with the most intriguing and unique project.
Program summary
a) Creation of a new work: participant will begin a new work while in Japan or continue the work on an existing work and present the finished work at the end of the stay at LOKO Gallery.
b) Open Studio: participant will present the progress of his/her work being created as part of the program
c) Taking part in “Gallery Talk” and other Gallery event.
LOKO GALLERY
This contemporary art gallery opened in July 2016 in Daikanyama, Tokyo. It has a unique space with 2 floors and also offers artist residency facilities. “LOKO” means “place” in Esperanto. The gallery endeavors to create a place for the cultivation of emerging artists and to promote open communications among all people in the art community.

http://lokogallery.com/en/

Daikanyama
small, creative and hip district within Shibuya ward of the central Tokyo.
Between the Daikanyama station (Tokyu Toyoko line) and the JR Yamanote line tracks are numerous tiny cafes, art spaces, , clothing stores & boutiques that give Daikanyama its very special vibe.

http://www.gotokyo.org/en/tourists/areas/areamap/daikanyama.html

The program
4 weeks in total spent in Tokyo, Japan
3 weeks – working
4 weeks – exhibition
1 Artist

Diagram

Diagram

 

Schedule
Application period:
June 14th, 2017 to August 14th, 2017
Selection period: Latter half of August, 2017 to the end of September, 2017
*Applicants may be required remote Skype interview by selection committee in English.
Residency period: 4 weeks Feburary 2018 (3 weeks for working)
Exhibition: 4 weeks February – March 2018 (Artist will be present for the first week)
Result of the selection would be announced early October, 2017

Application Guideline
Focus Area
Visual Arts – Photography/Media Arts, Video Art
Conditions
Israeli Artists (Israeli passport holder)
English language skills sufficient for daily conversation
Motivated to exchange with the local community through workshops and lectures
Artists who have had a least one solo show in leading gallery and participated in a minimum of 5 group exhibitions.
Be in good health.
Have access to the equipment necessary to participate in a remote interview (i.e. a computer capable of connecting to the internet and using Skype).
The works in the exhibition would be on sale. The condition of the sales would be discussed between the applicant and the gallery at the final stage of the selection.

Provisions

  • Traveling expense: Available (up to ¥100,000)
  •  Production fee: Available (up to ¥70,000)
  •  Accommodation: Available
  •  Professional and staff support: Available
  •  Exhibition: Available at LOKO gallery

 

 

Equipment

  • High-end Powerful Projector (EPSON EB-L1500U) and sound system available

PDF spec sheet

  • 40 inch LED monitor (Hisense HS40K225) x 3 available

PDF spec sheet

  • Blu-ray/DVD players available

*Filming, Recording and Editing devices for the production must be prepared by the artist.

application form
*Please fill out application form.
Additional images, links to videos and other materials regarding the artist or the proposal can be sent via e-mail.

Contact/Inquiry
tokyolokoair@gmail.com

This project is hosted by LOKO GALLERY with the support of the Embassy of Israel in Japan.

menora blue with b text

石原康佑・福濱美志保
エクササイズ & Grandscape

2017年5月19日(金) ‒ 6月17日(土)

[オープニングレセプション]
5月19日(金)19:00 ‒

[火 ‒ 土] 11:00 ‒ 19:00
[日・月] 休廊

石原康佑と福濱美志保、2人の若手ペインターによる展覧会を開催いたします。

自身にとっての決定的なモティーフを求め、試行錯誤を重ねてきた石原は、衣装を纏った人物が躍動する大画面の作品に手応えをつかみ、近年繰り返し制作してきました。今回の彼のメイン作品である《エクササイズ》シリーズは、その最新版です。大きく変形した人体のフォルムや、絵肌の質感・色彩に宿る感覚は、彼が紆余曲折を経て辿り着いたオリジナリティへの入口にも見えます。歪められた肉体の形態や動き、なぜか常に鉛筆で薄く描かれる顔面、そしてアクリル絵具を何十層も塗り重ねることによって生み出されるマティエールといった、絵画の諸要素に対するフェティッシュな嗜好性。それらの融合によって生成される作品は私たちの想像力を絶妙な角度から刺激し、ユーモラスでありながら安易な解釈を許しません。

一方の福濱は、自身で組んだミニチュア構造物を大画面の油画に引き延ばす《Grandscape》シリーズを軸に制作を続けている画家です。福濱が描く風景は、一見すると日常と乖離した別世界のようでありつつ、どこか郷愁を誘う懐かしさにも満ちています。複層的な油彩技法によって表現された繊細かつ多彩な光のグラデーションは、幻想的でいて確かな実在感を伴った世界の姿を照らし出します。あるいはミニチュアを構成する身近なパーツが本来と懸け離れたスケールに拡大され画面へ落とし込まれていることもまた、特殊な既視感や違和感を呼び起こすでしょう。“どこかで見たことのあるような、でも知らない景色が目の前に立ち上がる”こと、そして絵画の中にしか存在しえない世界を生み出すことを追求していきたいと、福濱は語っています。

石原と福濱の絵画表現は、親しみやすさとともに、ひとところに留まらず、鑑賞者の多様な捉え方を誘う謎と余白を備えている点で共通しているかもしれません。自らの世界の入口に立った2人の、清新な表現をお楽しみください。